銀輪庵(埼玉県吉見町)

画像
自転車工房 銀輪庵 の飯森さん

ビアンキのリアメカ カンパ8Sのアバンテ フレームに当たる爪のところが欠損しておりました。

たまたまヤフオクで1インチヘッドパーツを落札して直接訪ねる機会がありましたので

相談したところ 在庫していたジャンクのカンパ・リアメカで二個一修理をやっていただきました。

それに合わせ リヤシャフト位置調整用のねじ2本取り付け(フレーム側ネジ穴修正をタップで行ってから)

御厚意で 御自宅内の展示スペースで 約50年前の貴重な自転車の数々を拝見しました

奥様には、お茶までごちそうになり ありがとうございました。

シルクサイクルで修理していただいてる、片倉シルクが治りましたら 自転車で再度訪ねて行きたいと思っております

画像

こちらは私がした作業です

手に入れた際、フレームの振れがあり その上スポークのあたる個所に多少の痛みがありました

いったんばらして  その部分を修正面取り スポークへのストレス軽減ですね

その後組み直し ホイールバランス(F:4.5g R:4g 狂っていました)

ホイールバランスはタイヤを組み込んだ状態で行います。

追伸

銀輪庵のホームページで今回の記事を発見しました

http://blogs.yahoo.co.jp/ginrinan/13069405.html

興味のある方は、合わせてごらんください

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック