STEASSE MTB その2

リヤホイール 14番 スポークで イタリアン 6本組み
スポーク長計算(自転車探検を参考にしました)
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.length.html
画像
計算した長さにカット 左右で1mm違います
画像
スレッドを切ります。 手動式でしたが、正転逆転式ドリルで作業効率アップ
画像
2交差(競輪の決選ホイールのまねをしました)で組んであります
画像
全体像 タイヤは26*1.75 オンロードタイプ
テンションディスクが流行していた時代でしょうから、今からだいぶ前だと思いますが
詳しくは不明です WEBなどで調べていますが……
STRASSEという繊維メーカーがサポートしたMTBレース車両とか?
引き続き調べていきます。
皆さんの中で情報をお持ちの方 コメントいただけますでしょうか?

この記事へのコメント

まさあき
2015年05月24日 21:53
この車体は神保原の自転車屋のショップオリジナルかと思われます。

フレームは今はなきヤマクニで製造されたいものです。

オリジナルでは丹下のスイッチブレイドに似たリジットホークが着いていたと思います。
店長
2015年05月25日 08:59
まさあき様  貴重な情報ありがとうございます。こちらでいろいろ調べてみましたが、わからなかったので助かります。 今回はありがとうございました。 今後ともよろしくお願いします

この記事へのトラックバック